週に4回は魚料理で、関節を和らげる効果も


最近注目を集めているのは魚の栄養のすばらしさです。DHAやオメガ3脂肪酸など、摂取したい栄養がいっぱい詰まった魚料理を週の半分以上は食べるようにしています。これでコレステロール値も安定し、ダイエットにもいいと実感しています。

魚のすばらしい栄養

魚にはDHAやオメガ3脂肪酸などが含まれており、これらを摂取することによって、生活習慣病といわれている心臓病や脳卒中などを予防してくれるという効果があるとされています。私は健康診断ではいつもコレステロールが少し高めに出ていました。このままでは血液がドロドロになり、その結果動脈硬化などになってしまうのではないかと考えるようになりました。ちょうどその時、テレビで生活習慣病予防には魚を食べるといいということがやっていました。そこで、以前は週の半分以上は肉料理でしたが、それを切り替え、魚料理をメインにすることにしたのです

体重が減った

個人的なのかもしれませんが、魚をメインに食べるようになってから、体重が減ってきたのです。以前は肉ばかり食べていたので、余計な脂肪も多くとっていたのかもしれません。年齢も高くなってくると、痩せづらくなってくるので、とてもうれしいことです。そして、魚料理を食べ続けることで、今まで健康診断でいつも若干数値が高かったコレステロール値が減り始めたのです。魚料理には血液サラサラ効果もあるようなので、食べ続ければ、どんどん健康的になれそうな気がしています。

魚を選ぶなら青魚を

魚料理の中でも、特に青魚を選ぶようにしています。青魚とは、サバやイワシ、サンマのような魚のことです。青魚にはDHAやEPAなどが特に豊富に含まれています。これらの栄養素は、サプリメントなども多数販売されていて、健康的な体づくりには欠かせないものとなっています。青魚は臭みがあって食べるのが苦手という方には、サバでしたら味噌煮、イワシは梅煮など、臭みを消すような調理方法を考えれば、抵抗が減ると思います。

魚類には関節を和らげる効果も期待されます。
カツオ由来エラスチン末にはロコモプロのサプリメントにも含まれている成分。
足腰関節で問題を抱えているのであればロコモプロの成分は、最適なので普段魚を食べられない人はこれを利用するのも健康の秘訣。

タグ: , , , , ,