大昔は貴重な品だったゴマ


昔の商人はゴマ一粒と牛一頭を交換したという逸話もあるぐらい、ゴマは希少価値が高かった食材です。現代ではこれが安値で手に入る豊かな時代になったので、是非活用したいと思い日々の食卓に取り入れる様にしました。

養生食としても評判が高いゴマ

栄養価があると評判が良い上に美味しいと感じる事が出来る食材なので、毎日ゴマを食べる様にしています。また毎日肉や乳製品などこってりしたものを食べ続ける嗜好がないので、多少腹持ちが良いものを日々の食事に取り入れる目的で使用しています。更にカルシウムや鉄分などのミネラル成分も豊富だと言われる事の多いゴマには、養生食としての歴史もあります。

身近な食材なので継続しやすい

毎日少しずつゴマを食べていると、日々のお通じもだんだん良くなった気がします。ただし食べ過ぎるとおなかの調子が優れなかったり、具合が悪くなったりもします。ゴマを毎日摂り続ける事が出来るのは、やはりポピュラーな食品だからだと思います。近所のコンビニなどにも置いてあり、気軽に購入出来るという長所があります。

様々な料理との相性が良い

ゴマはふりかけの代わりにごはんにかけて食べたり、胡麻和えにしたりする以外にも、様々な食べ方が出来るので毎日飽きずに食べ続ける事が可能です。ドレッシングに混ぜる、ラーメンやサラダにかけるなどの方法で大して手間がかからないのも魅力です。また少しピーナッツの様な味がするので、トーストにふりかけても案外美味しいです。ふりかけて食べる際にはすりゴマを使用した方が美味しく頂けるのでお薦めです。またペースト状の胡麻などを、買い置きしておくと更に便利です。

タグ: , , ,