砂糖断ちをしている時にこそバナナを食べたい

元々肌の老化を感じ砂糖断ちを決行していた私。毎日間食として食べていた砂糖たっぷりのクッキーやチョコをやめました。でも間食が習慣となっていた私はどうしても何か口に入れたくて仕方ありませんでした。そこで今まで食べていたクッキーやチョコの代わりにバナナを食べるようになりました。

腹持ちが良く栄養満点

果物の中でも糖質の多いバナナ。砂糖断ちしているのにバナナ食べてもいいのと疑問に思うかと思いますが、バナナの糖質は果糖、でんぷん、ショ糖などで消化吸収にかかる時間がまちまちです。果糖はすぐにエネルギーとなり、でんぷん等の糖は時間をかけて消化されていきます。すぐにエネルギーとなると同時に、長期に渡ってエネルギーを補給してくれるバナナは腹持ちがいいので、食べた後は他に何か食べたいと思うこともなく砂糖断ち成功に一役買ってくれたと思っています。

便通も良くなり、肌と髪も若返る!?

バナナは食物繊維が多いのも特徴で、便通も快調になり、気になっていた下腹もすっかり平らになりました。バナナはビタミンやカリウム等、1本に栄養素がたくさん含まれています。砂糖断ちと並行してバナナを1日1本食べることで、私の肌と髪の毛は以前と比べ物にならないほど若返ったと自分でも自覚できるほどにその効果を実感しました。

一日1本で美容と健康を手にいれる

果物の中では糖質の多いバナナです。食べ過ぎてしまっては体重増減につながりますし、砂糖断ちをした意味もなくなってしまいます。毎日1本と決めて小腹が空いた時に食べるようし、他の間食をしないように努めましょう。またバナナを買い置きしておく際には房から1本づつ離して保存しておくと傷みの速度も緩やかになります。美味しくて腹持ちも良く、美容健康に繋がるバナナ。気軽に食べられる点からも、ご自身だけでなくご家族の健康のためにもストックを心掛けてみてはいかがでしょうか?

タグ: , , ,